キャッシングの利息は一括返済の活用で削減を

ローンの一括返済では夏冬の指定月に利息無料で利用することができますが、
キャッシングでは一括で返済しても金利が掛かってきます。
また、クレジットカードの分割払いでも回数指定で
無金利を実施している場合もあり、その点にも違いがあります。

キャッシングの中でも30日間無利息の融資を利用すれば、
その期日内に完済すれば金利は掛かりませが、
そうではないキャッシングは1ヵ月の短期で返済しても金利負担が発生します。

分割ローンなど物品の購入では一括返済は実施しやすいものの、
お金を利用するキャッシングでは金利負担が常について回るため、
いかにこの金利負担を抑えるかが重要です。

リボ払いによる返済期間の長期化には注意する

特にリボルビング方式では返済期間が長くなる傾向があります。
最小返済額でも可能ですが、貸し付け残高に応じて計算されるため、
負担は長く続きます。

一括返済や繰上げ返済は常に頭の片隅に

これを解消するためにも一括返済で金利負担分を減らすことが大事です。
10万円のキャッシングを年利18%で利用した場合、年間の金利負担は18000円です。
これが2年になると貸し付け残高により単純に倍とはならないものの、
10万円を借りるのに2万円前後の金利コストを払うことになります。

キャッシングの利用額が大きくなれば、この額も比例して大きくなります。
ゆえに余裕が出れば返済金額を上積みし、
また一括返済で金利負担を減らすことが大切なのです。
当初は一括での返済は難しくても、徐々に残高も減れば届く額になります。
ボーナスの支給があるならば、返済計画に組み入れることで
総体的な負担削減にもなります。

おすすめ金融・キャッシング情報

キャッシング借入件数SAFETY

カードキャッシングのいろは

みずほ銀行カードローン

COPYRIGHT© 2014 キャッシングの利息は一括返済の活用で削減を ALL RIGHTS RESERVED.