結婚資金割合

結婚するときには、挙式、披露宴関連にかかる費用だけでなく、
新居の引越し費用や家財道具など、様々な出費がかかります。
こういった結婚資金をカップルでどのような割合で負担するかというのは、
それぞれの収入や貯蓄額などによって二人で話し合って決めることが一般的ですが、
ほとんどの場合はお互いに費用を出し合う形になっており、
どちらか一方が負担するということはそれほど多くありません。

どれくらいの費用が必要になる?

どれくらい結婚資金が必要かというのは結婚式の規模や購入する家財に
よっても異なりますが、百万円単位の現金が必要になるのは確実です。
ほとんどのカップルが、そのために結婚資金を事前に貯めていますが、
不足している部分については借り入れを利用している人も少なくありません。

しかし、挙式に関する費用は結婚式場などで提供されているブライダルローンを
利用するという方法もありますが、家財道具の購入については
専用のブライダルローンを用意している業者はかなり少ないため、
自由な使い道のキャッシングを利用する人も多いです。
キャッシングは使い道自由で、業者によっては高額融資も可能になっていますし、
返済や追加借り入れも自由ですので、途中で追加支出の多い
結婚準備の資金源としてはぴったりです。

なるべく多めに返済して元金を減らすのが基本

高額の融資になると金利も低くなりますが、
返済しやすいように設定された約定通りの返済ではなかなか元本が減りませんので、
できれば毎月少しずつでも多めに返済していくほうが、
結果的に支払う利息が少なくなります。

COPYRIGHT© 2014 キャッシングの利息は一括返済の活用で削減を ALL RIGHTS RESERVED.